シュガーワックスの作り方で失敗しないコツは?~口コミはこちら

シュガーワックス 作り方 コツ

『シュガーワックスの作り方で失敗しないコツは?』(口コミ6件)

↓  ↓

■その1

手作りシュガーワックスは材料が少ないため,簡単にできそうです。しかし,使いやすいシュガーワックスを作るのにはコツがいります。

そこで失敗しやすいポイントとその対策をまとめてみました。

 

①焦げる
砂糖を火にかけるので,焦げ付きには注意してください。常に目を離さずかき回し続ける,くらいの覚悟でいてください。
使う砂糖も黒砂糖のような色付きのものではなく白砂糖のほうが分かり易いです。また,火にかける手鍋も内側が白いものやアルミのミルクパンを使うと,砂糖の色の変化が分かり易いです。

②緩い
焦がすのを恐れて火にかける時間が少ないと,緩くサラサラのワックスになってしまいます。この状態ですと,いつまでたっても硬くなってくれないので使うことはできません。

③硬い
逆に火にかけすぎると硬くなり,伸びなくなってしまいます。

④時間を守る
火にかける時間を守るのがなぜいけないのか。それは使用するコンロや鍋の厚さが個人で異なるからです。初めて作るのに,目安がないと困るかもしれませんね。

一言でまとめると,デリケートなシュガーワックスを作るときは一瞬たりとも目を離すべからず,ということです。

 

■その2

シュガーワックスの作り方で失敗しないコツを紹介していきます。

必要な材料は白砂糖200g、レモン汁1個分、蜂蜜大1、グリセリン大1~2で、鍋にグリセリン以外を入れて煮詰めます。失敗しないコツとしては時間で判断しない事です。

 

レシピには手順や煮詰める時間が記載されていますが、時期やレモン汁の量により変わるので様子を見ながら煮詰める時間を調節するのがポイントです。そして色が変わり始めた時点で火を止めて下さい。

ほんのり色が変わった所ですぐ火を止めるのがポイントで、この瞬間を逃すと火を入れ過ぎてレモン飴となってしまうので注意が必要です。火を止めていいか確認する方法はスプーンですくい水につけて固まったら問題なく使えます。

 

固まりが足りない時は確認後再度火にかけましょう。

その際に弱火で煮詰めるのが失敗しないコツです。火を止めてから最後にグリセリンを加えて混ぜましょう。煮詰め過ぎたかもというとい時は多めに入れるのがポイントで程よい硬さになります。

 

■その3

元々ブラジリアンワックスを使っていましたが、安全な材料で自分で作ったもので脱毛したくシュガーワックスに変えました。

材料は砂糖200g・レモン汁1個分・ハチミツ大さじ1・グリセリン大さじ1~2です。

色の変化が分かりやすいので、白い鍋の方がオススメです。

 

作り方は…鍋に砂糖を入れ、絞ったレモン汁を加え中火で煮詰めます。砂糖が溶けたら、ハチミツを入れ煮詰まって色が変わり始めたら火を止めます。

その後、グリセリンを加えてよく混ぜます。少し煮詰めすぎたら、グリセリンを多めに入れましょう。

最後にビンに入れて冷まします。

 

煮詰める際に、色が変わり始めるタイミングは一瞬なので見逃さないように気を付けましょう。煮詰めるのは時間は時期とレモン汁の量で変わるので、時間を決めずに目視でタイミングを見ましょう。

 

■その4

シュガーワックスはブラジリアンワックスとも呼ばれる脱毛方法です。簡単に手作りができるので試してみては?

用意するものは、砂糖(グラニュー糖)500g、水500ml強(砂糖より少し多い量)、レモン汁50ml(レモンだいたい1個半~2個)です。

 

まず、砂糖と水を弱火にかけて溶かします。

溶けて混ざったら強火にしてレモン汁を加え、焦げ付かないようにかき混ぜ続けます。沸騰したら中火に落とし、濃い飴色のトロトロした状態になるまでかき混ぜ続けて出来上がりです。これを冷ましてボール状にして肌の上で転がすとムダ毛が除去できます。

 

手作りのコツは、とにかく焦げ付かせないようにかき混ぜる手を休めないことと、濃い飴色を目安にすることです。濃い飴色になった時のとろみ具合が理想的なシュガーワックスになります。

 

■その5

砂糖450gにレモン60ml(レモン2個分)、水450ml 位が丁度良いと思います。

レモンを温めて、中に砂糖を入れ、混ぜ合わせて水を入れて拡販しながら、シュガーワックスがキツネ色になるまで加熱して出来上がりですが、粗熱を取ってから他の容器に移して冷蔵庫で保存しておき利用するときには、レンジで温めて人肌くらいが良いでしょう。

やけどの危険がありますので、十分注意してから使いましょう。

 

作り方も簡単ですが、焦げ付かない様に常に拡販して、火力の調整が大切です。できた物はそのままではすぐに固まってしまいますので、容器を移し使用するときにレンジなどで、適温に温めて使用することをお勧めいたします。

 

■その6

シュガーワックスはその名前の通りお砂糖がメインの材料の脱毛ワックスです。作り方はとても簡単で砂糖とレモン汁だけというとてもシンプルなものです。

基本的には砂糖四分の一カップぐらいとはちみつを大さじ2、レモンを大さじ1程度しっかり混ぜればシュガーワックスの出来上がりです。

他にも砂糖とレモン汁だけで火にかけてキャラメル状になるまで熱する作り方もあります。

 

どちらも脱毛効果や脱毛後の美肌効果は抜群ですから好みの方法を行えば良いでしょう。

ただし、火にかけてキャラメル状にする時には、火が強すぎるとすぐに焦げてしまって失敗してしまうので、必ず様子を見ながら、最初は強火で泡が小さくなって来たら弱めにして目を離さないようにしましょう。

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ