太もものムダ毛処理でおすすめの方法は?口コミはこちら

太もものムダ毛処理 おすすめ

 

太もものムダ毛処理でおすすめの方法は?(口コミ7件)

↓   ↓

■その1

腕やひざ下のムダ毛に比べると、太もものムダ毛は忘れられがちですが、細い毛が沢山生えていて、意外に目立つ部分でもあります。

 

太ももというのは、肌がデリケートなので、毛抜きやカミソリで処理をすると肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

お勧めなのは、除毛クリームを使ってのムダ毛処理です。

脇の黒ずみに豆乳ローションは効果あるの?口コミ

 

除毛クリームを処理したい部分に塗って、指定の時間放置した後にクリームを取り除けば、簡単にムダ毛の処理ができます。
クリームを伸ばすだけなので、太もものような広い範囲でも簡単にできます。

 

ムダ毛処理をした後は、肌を保護する為にも、保湿クリームを塗る事をお勧めします。
特にデリケートな太ももの裏側の部分も、除毛クリームなら肌に負担をかけずに処理できます。

 

■その2

太ももの脱毛は、色々試しましたが、お風呂に入っている時にしっとりタイプの泡を付け安全カミソリで優しく剃るのが一番良かったです。その後の保湿もしっかりすることがポイントです。

 

シートを貼ってはがすタイプのムダ毛処理やムースタイプのムダ毛処理を試しましたが、肌が荒れるし合いませんでした。

安全カミソリで剃ると最初はピリピリと赤くなりますが、しっかり保湿クリームを塗って、回数を重ねて慣れてくると気にならなくなります。

 

剃ると次から生えてくる毛が濃くなると言いますが、私の場合は特に目立って濃くなることはなく、むしろ年々薄くなっているので、これからも今の方法を続けて行こうと思います。

最初は広範囲ではなく少しだけ試してみて徐々に広げていくと良いと思います。

脇毛処理におすすめの電気シェーバーは? 

 

■その3

太もものムダ毛は露出の高いオシャレをする時に大問題ですが、自己処理だとカミソリやシェーバー、ワックス、毛抜き等を使う事が多いですが、アフターケアを徹底しないと肌荒れのリスクもあります。

デリケートゾーン、脇の黒ずみ対策専用コスメはこちら

 

家庭用脱毛器を活用するのも人によっては効果的ですが、これも剛毛気味の方は期待通りの結果を出す事が難しい事もあり、やはり専門のエステサロンやクリニックを選択する事が望ましいです。

 

 

私の場合は女性専用サロンで処理を行いましたが、最初はクリニックでお試し施術を行なった時に出力パワーが強くて痛みに耐える事が出来ない感じだったので、エステで行う事にしました。

クリニックは効果が高いですが出力パワーが強く、痛みも大きくなりますが、痛み耐性がある方は問題無いですし、この辺りは個人差が大きいです。

 

エステではアフターケアも徹底しており、回数をかけて脱毛を行えます。

効果は抜群ですし、痛みはありましたが我慢出来ないものではなかったので、まずは無料カウンセリングを受けて判断する事が望ましいです。

 

■その4

太もものムダ毛は膝下のムダ毛に比べると、人目に晒す機会が少ない分処理の油断をしやすいです。

 

たまの露出でカミソリを当てて剃ってみても、特に自分では見えない太ももの裏の処理が意外と難しく、処理のあとも綺麗になっているのか確認しにくいのが悩みです。

太もも裏は毛の流れも一定方向ではないので、必ずといっていいほど剃り残しに後から気がつきます。

 

私は家庭用電気脱毛器とカミソリの両方を使って太もものムダ毛処理を行っています。面積が広いので、まずは電気脱毛器で全体を脱毛します。

脇毛が濃い方におすすめの脱毛器は?

 

膝下のムダ毛よりも毛が細めなので、一度抜いてしまうと次に生えてきてムダ毛が目立つようになるまで時間がかかり、処理の期間を置くことができます。

 

そして大体太もも全体の脱毛処理が完了したところで、仕上げに見えない太もも裏にカミソリを当てます。これで、処理し残しを格段に減らすことが出来て、綺麗な仕上がりになります。

 

■その5

女性にとって足のムダ毛は気になるもので、太ももにムダ毛があるとお洒落の幅も小さくなってしまいます。

太もものムダ毛処理を剃刀等で行うと傷付ける事もありますし、ムダ毛を元から退治出来ないので結局すぐに生えてきます。

 

やはり専門の医療クリニックやエステ脱毛のように、ムダ毛が生える土台にレーザー照射する等の施術が望ましく、特にクリニックの場合は医師免許を持った方が施術にあたり、ムダ毛の元になる細胞を破壊する行為が許されるのは医療機関です。

 

クリニックはその分効果が高くてコストも高くつきますが、効果は抜群であり、まずはカウンセリングを受けて、試しにレーザー照射を行って痛みを確認してから施術を継続するかどうか判断すると良いです。

 

■その6

父親譲りの遺伝により、私は子供の頃から毛深く「わあ、こんなところに毛がある」と太もものムダ毛を指摘されてはショックを受けて落ち込み悩んでいました。

 

最初はカミソリでムダ毛を処理していましたが、余計に毛が濃くなり、剃る手間もかかっていましたので、思い切って家庭用脱毛器を購入しました。

サロンに行くことも考えましたが、毛深い自分が恥ずかしかったので、止めました。

 

家庭用脱毛器はコストは高いですが効果があれば長年悩んでいた事が解決できるのでお金には変えられません。しかも家にいてケアできるため、時間がかかっても問題なく、じっくり処理することができます。

 

実際使用してみると、思ったより簡単で、時間はそれ程かかりませんでした。しかも痛みはなく、最初から肌がツルツルになりビックリです。

 

使用し始めて3回位した頃、まず太もものムダ毛から薄くなってきました。

その後もムダ毛処理を繰り返していると、太モモのムダ毛はほとんどなくなり、驚きの効果に大変満足しています。家庭用脱毛器、私はこれしかないと思います。

 

■その7

女性にとって、ムダ毛は大きな悩みのひとつです。

暖かい時期になると、足を出すファッションをする女性が増えます。そうなってくると、足のムダ毛に頭を悩ます人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

ひざ下のムダ毛の処理は行き届いていても、太ももの部分は忘れてしまっている、という人もいるかもしれません。しかし、太ももは意外と目がいく場所です。

 

太ももは皮膚が柔らかいので自己処理だと肌が荒れてしまうことがあります。そのため、私はエステのレーザー脱毛をしました。

太ももは細かい毛が多いので、痛みも少なく安心です。

3回ほどのレーザーで、毛がほとんどなくなりました。

 

洋服から見える太ももの部分はもちろんのこと、Vラインに近い太ももの部分もきれいに脱毛することができるので、水着も自信を持って着ることができるようになりました。

エステティシャンの方がしっかりとケアをしてくれるので、自己処理と比べるとお肌のトラブルも少なく、とてもおすすめです。

 

 

脱毛エステの人気ランキング!

ミュゼプラチナム
100円

ミュゼでは、安心して通えるよう回数・期間無制限のコースを用意しています。

また、全国に195店舗もあるので、予約がとれない場合は別の店舗に行くのもアリです。

脱毛方法は、お肌にやさしく、痛みがほとんどない「S.S.C.方式」を採用しているので安心です。(一瞬軽い痛みを感じる程度。)

また、トリートメントには独自開発のプラセンタエキス配合のミルクローションを使用しているので美肌効果も期待できます♪


⇒ミュゼプラチナム公式ページはこちら

 
KIREIMO(キレイモ)
通常

・国産の最新脱毛マシンを全店に導入しているので、痛みもほとんど感じません。

・スタッフは脱毛マシンメーカーの研修を受けているので技術力にも信頼があります。(認定脱毛士による施術)

・KIREIMOでは予約の取りやすさを最優先に考えているサロンで、24時間いつでも予約可能。

・カウンセリング無料でドクターサポートもあります。

全国展開!駅近で21時まで営業


⇒キレイモ公式ページはこちら

 
シースリー
全身脱毛

・全身脱毛53箇所、生涯来店保証で予約も取りやすいです。


・つるすべになるまで通い放題で、自由に休止・再開可能です。


・日本人の肌向けに作られた超高性能の国産マシンを使用。全身脱毛1回あたり、最短45分で完了します(53パーツが1日で完了)


・スタッフは、50項目の厳しい試験をクリアしなければならず、技術・知識・接客にも信頼性があり、勧誘も一切ありません。


・こだわりのリッチな内装でリラックスした時間を過ごせます。


⇒シースリー公式ページはこちら
 
脱毛ラボ
※キャンペーン

・単なる光脱毛とは違う最先端のS.S.C.脱毛により、1ヶ月に1回の来店が可能!そのため、スピーディーに脱毛したい方に人気となっています。


・月額制で全身脱毛48箇所、月2回予約が可能。


・独自の冷却クーリング機能で「痛みが少ない」ことでも人気です。


・社員数・マシンの台数も多く、また営業時間が長いため予約の取りやすさでも定評があります。


・全スタッフが全身脱毛ライセンスを保持している専門家だから安心。強引な勧誘も一切ありません。


⇒脱毛ラボ公式ページはこちら

 

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ