VIOラインのムダ毛処理のおすすめは?口コミはこちら!

VIOラインのムダ毛処理のおすすめ

 

VIOラインのムダ毛処理のおすすめは?(口コミ7件)

↓   ↓

■その1

水着を着る機会が少なくても、女性としてはいつもVIO部分の無駄毛は、キレイに処理していたいものです。

 

ですが、カミソリでVIO部分の無駄毛を除毛してしまうと、無駄毛が伸びてきた時に、かなりチクチクとした手触りになってしまいます。

VIOの無駄毛は他に比べ、太いので剃り跡が目立ってしまう点も困りものです。

また、色素沈着しやすかったり、自分で確認しながら除毛する事が難しいIラインとOラインに至っては、自己処理する事自体が危険です。

 

自己処理だと上手く処理できないVIOは、医療レーザー脱毛で脱毛する処理法がお勧めです。

 

医療レーザー脱毛は永久脱毛の効果があるので、自己処理する必要が無くなります。ですので、自己処理が難しいVIO部分の処理に、ぴったりな脱毛法と言えるでしょう。

また、クリニックでの脱毛という事もあり、もし何等かのトラブルが起こった際も、医師や看護師が対応してくれるので、その点でも安心感があります。

 

■その2

VIOラインのムダ毛の悩みは、人よりも剛毛で、ゴワゴワしているのが困っています。

Vラインにびっしりと、普通の人の倍ほどの量の毛がびっしりと生えています。

 

何度も何度もそのムダ毛をカミソリで剃っては処理をしていますが、なかなか綺麗に剃れません。真ん中だけ残したいと思うのですが、変な形になって残ってしまうのが困ります。

 

又、Iラインは、かなり屈まないと見えないのも困ります。

首は痛くなるし、陰部を傷付けてしまいそうで、かなりカミソリで剃るのは怖いです。剃りすぎるとヒリヒリ感が酷く、歩く度に痛くなるのも困っています。

 

お勧めの処理方法は、やはり、プロの人にやってもらうことです。

経験が豊富なエステティシャンにじっくりと脱毛してもらうのが1番安心です。お金がある時には、エステサロンに行き、脱毛してもらっています。

 

■その3

私のVIOラインのムダ毛の悩みは、生理の時などにムレてしまうことでした。

 

私は肌が弱いので生理中だけでなく汗でかゆみが出てしまうこともあり、困っていました。

 

そんな私のお勧めのVIOラインの脱毛方法は、脱毛サロンでの光脱毛です。

VIOはデリケートな部分ですし、皮膚も他の部位と比べて薄いことから、自己処理では怖いという方も多いのではないでしょうか。

 

特に、自分では見えない部分の脱毛は怖く、私も脱毛サロンに通うまではVIOラインの脱毛は諦めていました。
脱毛サロンの光脱毛なら自分では見えない部分も綺麗に脱毛してもらえますし、だんだんムダ毛が薄くなって最終的にツルツルになります。

今ではVIOラインのムダ毛によってムレたりかゆくなることもなくなったので、光脱毛の効果には満足しています。

 

■その4

VIOラインの毛は、広がりやすいのでかなり不快感があります。

 

しかし、毛の広がりを抑えるためにハサミで毛を切ってしまうと、毛の先端が鋭くなってしまうので皮膚に刺さりやすくなったりショーツから突き出てきてしまいます。

なので余計に不快感が増すので逆効果です。

 

毛の量を減らすのであれば、脱毛をするのが手っ取り早いです。生理中も毛がない事によってかなり爽快になります。

 

しかし脱毛サロンでは、毛の長さの調整は勿論して貰えません。なので、長さが気になるのであれば通販サイトなどに良く載っている電熱式のカッターがお勧めです。

これは電池式を入れて熱線を利用し、毛を焼き切るのです。ですから、毛の先端がハサミで切った時の様に鋭くなりません。

 

■その5

剛毛で悩んでいて、カミソリを使った処理や、除毛クリームを使った処理も試しました。

しかし、私の肌があまり強くないので、カミソリにまけたり、クリームで肌がひりひりしたりしていました。
しかも、苦労して処理をしてもすぐに毛が生えてきてしまうので、お手上げ状態でした。

 

そんな時に、腕やわきに使っていた、パイナップル豆乳ローションを使ってみました。

 

低刺激ですし、万一デリケートな部分に塗ってしまっても、深刻な問題にはならないのではないかと思い試してみました。

しばらくは、全く効果はありませんでしたが、だんだんと使っていくうちに毛が柔らかくなったような気がしました。

 

それだけではなく、悩んでいたOラインの毛も使用前よりも薄くなったような気がしました。
そのことから、パイナップル豆乳ローションをおすすめします。

 

■その6

体毛が濃いことが悩みで、当然アンダーヘアの毛も長く濃く、広範囲に渡っています。

 

とてもではありませんがそのままでは水着は着れませんし、普段でも布面積の少ないショーツは毛がはみ出して穿くことができません。

何より一番嫌なのは暑い季節になると蒸れやすいことです。悪臭の原因になってしまうので処理は絶対に欠かせません。

 

VIOラインの処理にはまず毛をカットすること。

それからVラインに残すヘアの形を決めて、無駄な部分はブラジリアンワックスでの脱毛をしています。

ブラジリアンワックスは何と言っても広範囲を一度に処理できることと、毛抜きよりも毛穴にダメージが少ないこと、それに仕上がりが綺麗なことで重宝しています。

 

ただし一気に太い毛を大量に抜くので、とても痛いです。ワックスの使用法に慣れるまでは、手足などで練習をしてから使うことをお勧めします。

 

■その7

私はVラインのムダ毛がモジャモジャと森が生い茂ったように多かったので、毎回T字カミソリでコツコツとお風呂場で2時間程度掛けて自己処理を行っていました。

 

しかし正しい毛流れの方向に剃刀を動かしていなかったのと、脱毛後の保湿ケアが不十分だったのか、翌日は猛烈な痒みと汗のムレに悩まされるのが日常茶飯事でした。

また半月処理しないでいると、中途半端な短い毛がどんどん生えてしまい、チクチクとした不快な毛先の手触りだったので、生理中は気分が優れない事もしばしばでした。

 

そこでVラインの毛量を何とか減らしたい思いの一心で、貯金をはたいてエステサロンのハイジニーナ脱毛にトライする事にしました。

 

ハイジニーナ脱毛は、デリケートなVラインを美容成分入りの保湿ローションで潤しながらフラッシュ脱毛器で時間の間隔を空けながら処理していくので、肌の負担も殆どなくて毎回サラサラに仕上がります

 

また生理中の嫌な臭いや汗の分泌を抑えてくれるので、デオドラント効果も絶大で夏は快適に過ごす事ができます。

 

そしてハイジニーナ脱毛は、Vラインの形を好きなスタイルに整えてくれるので、ビキニからムダ毛がはみ出す心配も無くて、夏に海で水着を着る時は堂々と正面向いて歩けるようになったのが嬉しかったです。

 

ハイジニーナ脱毛は、ミュゼプラチナムやピュウベッロ等の脱毛サロンに腕の良い技術を持ったスタッフが結構揃っているので、Vラインのムダ毛をダメージなく綺麗に処理したい時はお勧めです。

 

 

自宅で脇毛の処理をするなら、ブラジリアンワックス!【世界で最もポピュラーな脱毛法】

brazilianwax20160310

お肌のことを考えると、自己処理でカミソリや毛抜きで処理することは論外です。

また、エステで脱毛する方法もありますがお金や時間がかかるので通えない方も多いと思います。

 

そんな方は、ブラジリアンワックスでの自己処理がおすすめです。

面倒なイメージがあるかもしれませんが、実は痛みがほとんどなく、すごく簡単!

 

コストパフォーマンスも圧倒的に高く、低刺激で、毛もなかなか生えてこないですし、生えても細いやわらかい毛が先に生えるのでザラザラ・チクチク感がありません。
(角質も一緒に除去されるのでツルツルなお肌を手に入れたい方にもおすすめです。)

また、脇はもちろん、腕、足、うなじ、背中、VIOにも利用可能なんです。

もうカミソリには戻れない!ブラジリアンワックスの他の脱毛法に対してのメリットはこちら

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ