ケノンは分割で購入することも可能なの?~口コミはこちら

ケノン 分割

『ケノンは分割で購入することも可能なの?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

ケノンの定価は98,000円ですが、キャンペーン時なら70,000円程度で購入することができます。70,000円程度でも高額な商品であることに変わりはないので、一括で購入するのは難しいという人も少なくありませんが、ケノンは分割で購入することも可能です。

 

分割で購入する場合、支払回数が3回以上なら金利手数料がかかりますが、支払回数が2回までなら金利手数料がかかりません。そのため、金利手数料を支払いたくないならできるだけ2回払いにした方が良いです。

2回払いだと1回の支払額が大きくなりますが、年2回のボーナス時に料金を半額ずつ支払うボーナス2回払いならそれほど大きな負担にはなりません。

 

私もボーナス2回払いでケノンを購入しましたが、支払いに困ることはありませんでした。

⇒カード不要。月々3,300円~。分割回数は最大24回まで!ケノン公式ページはこちら

 

■その2

ケノンは非常に脱毛効果の高い家庭用脱毛器ですが、その価格は7万円台と決して気軽に一括購入できる価格ではありません。ですが実はケノンは分割払いができるのです。

ケノンの公式サイトで購入手続きをする時に分割支払いを選ぶことができます。3回から24回払いまで回数を選ぶことができるので大変便利です。

 

この分割ローンは審査が必要ですが、学生や主婦でも申し込み可能で審査も比較的ゆるめのようですから安心です。

ケノンを分割で購入するとだいたい月額3千円ほどの支払いになりますからとても楽にケノンを購入することが可能になります。もちろんボーナス払いも組み込めるので自分の希望に応じたローン支払い計画を立てることができます。

 

■その3

自宅で手軽に永久脱毛ができるケノンは高額な商品でも男女問わず幅広い年齢層の人に支持されています。それは確かな効果があるほかに支払い方法もいろいろな種類から選べるという理由もあります。

公式ショップから通販で購入するのが一般的な入手法ですが、商品が到着したときにデビットカードで払う方法や代金引換、クレジットカード決済が可能です。

 

クレジットカード決済にすれば分割払いも可能で、リボやボーナス払いなど都合に合わせて無理なく支払うことができます。

さらにクレジットカードを持っていない人でも分割で購入することができます。2回から24回までで選ぶことができ、審査は必要になりますが毎月自由に使えるお金の少ない学生や主婦にも喜ばれています。

 

■その4

ケノンは定価だと10万円ほど、キャンペーンをやっているときでも7万円はする高額な商品です。

お金に余裕のある人なら一括支払いでもポンと購入できるのかもしれませんが、一般的な感覚としては7万円の出費はかなり大きな負担です。特に主婦や学生にはとても手が出る商品ではないように感じてしまいます。

しかしケノン購入時には一括支払いだけでなく分割支払いも選ぶことができます。

 

公式サイトの分割ローンでは、金利はかかりますが月々3300円からでケノンを購入することができます。分割回数は3~24回まで選択することができます。

このローンのメリットはクレジットカードが必要ないということです。指定口座からの引き落としとなるので、主婦や学生まで誰でも申し込むことができるのです。

このローンを使えば一気に7万円を用意しなくても分割で購入することができます。しかし利用にあたってはローンであるということを忘れずに、最後まで払えるのかをきちんと考えましょう。

 

売れている家庭用脱毛器ケノンはこちら↓ ↓

家庭用脱毛器でおすすめするなら、このケノン一択
kenon

■ケノンが売れている理由は?

・【お肌に優しい】お肌が特に敏感な日本人のための日本製の脱毛器です。

・【コスパが抜群に良い!】1発あたり驚きの0.038円を実現(Lv1使用時)

・【日本製で部品は特注品!】ケノンの主要部品の大半は「日本の大手メーカー」が製造した専用の特注品なので安心です。

・【最短で明日から脱毛可能!】商品のお届けが早く、予約や問診も一切不要で、自宅ですぐに明日から脱毛が始められます。

・【見られたくない部位も脱毛できる】アンダーヘアの脱毛も、自分の手で出来るので恥ずかしくありません。

・【美顔器としても大人気!】エステ並の本格的「光フェイシャル美容」が自宅で可能。美容液もジェルも一切不要。

早く購入すれば良かった!↓ ↓



 

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ