ケノンは足の指の毛にも効果がある?~口コミはこちら

ケノン 足の指

『ケノンは足の指の毛にも効果がある?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

ケノンは足の指の毛を脱毛することもできますが、足の指の毛を脱毛する時はサイズが小さめなラージカートリッジを選んだ方が良いです。

なぜなら、足の指の毛を確実に脱毛するにはフラッシュを細かく丁寧に照射する必要があるので、それにはラージカートリッジが最も適しているからです。

 

ケノンは照射レベルが高いほど脱毛効果が高くなりますが、その分痛みも強くなり、肌も炎症を起こしやすくなります。そのため、足の指の毛を脱毛する時はレベル5くらいから始め、痛みに慣れてきたら徐々にレベルを上げていくと良いです。

ただし、肌が弱い人はレベル5でも炎症を起こしてしまうことがあるので、もっと低いレベルから始める方が良いです。

 

毛周期に合わせて2週間おきにケノンを使った場合、足の指の毛の脱毛が完了するまでの期間は6か月から1年程度とされています。ちなみに、私の場合は脱毛が完了するまで8カ月程度かかりました。

⇒ケノン公式ページはこちら

 

■その2

ケノンは自宅にいながら本格的なフラッシュ脱毛ができる家庭用脱毛器です。かなりの金額ですが男女ともにとても人気の商品です。

ケノンを使えば足の指の脱毛も可能です。

 

ケノンの脱毛効果を確実に得るためには部位に合わせたカートリッジを選ぶことが大切です。足の指のムダ毛には細かな照射が必要になるので、照射面積の小さなサイズの小さめなラージカートリッジを使いましょう。

また足の指脱毛には、照射レベルは5以上がいいようです。レベル8以上を使えばサロン並みの威力が得られますが、出力が高い分肌への負担も大きくなってしまいます。

 

そしてフラッシュ脱毛の熱は、肌から水分を奪ってしまいます。乾燥した状態で放置すると、次回の脱毛時に痛みが増す原因になるのでケノンを使った後は必ず保湿をしましょう。正しい使い方をすれば、足の指の毛にも効果があります。

 

■その3

家庭用脱毛器のケノン、脱毛サロンに通うのが面倒だなと感じている人や自宅で手軽に脱毛したい人、脱毛費用を抑えたい人にとって魅力的な脱毛器です。

私は部分脱毛でサロンに通っていましたが、予約が取りにくいことがストレスで通うのを断念しました。特に広範囲ではない部位の脱毛ってそのために時間を取って行くのが大変です。

例えば手の指先のムダ毛や足の指先のムダ毛なんかが範囲が狭い部分ですよね。これをケノンで脱毛できるのか、最初は不安もあったのですが、問題なく脱毛できました。

 

ただカートリッジが少し当たりにくいので、正確に照射するのが難しいです。でも繰り返ししていれば徐々に毛の本数が減り生えなくなってきました。もともと毛は細くて少ない方なので、ケノンで十分可能でした。

 

■その4

家庭用脱毛器のケノンは、脱毛サロンと同じ脱毛方法を採用しているのでサロン並の脱毛効果が自宅でも得られます。ケノンはほぼ全身どこにでも使用できるので足の指の毛の脱毛にも効果があります。

足の指の場合は、照射時の痛みがあることも多いのでケノン照射前にはしっかりアイスパックで冷やしてから照射した方が良さそうです。

 

また足の指のムダ毛は、より産毛に近い毛質なので、最初はごく弱いレベルの照射レベルから開始して様子を見ながら少しずつレベルを上げていくようにした方が良いでしょう。

だいたい二週間に一度、もしくは一週間に一度の照射を行うことで足の指のムダ毛は5、6回で綺麗になってくるはずです。10回照射すれば、ほぼツルツルになって生えてこなくなります。

 

足の指の脱毛にも!家庭用脱毛器ケノンはこちら↓ ↓

家庭用脱毛器でおすすめするなら、このケノン一択
kenon

■ケノンが売れている理由は?

・【お肌に優しい】お肌が特に敏感な日本人のための日本製の脱毛器です。

・【コスパが抜群に良い!】1発あたり驚きの0.038円を実現(Lv1使用時)

・【日本製で部品は特注品!】ケノンの主要部品の大半は「日本の大手メーカー」が製造した専用の特注品なので安心です。

・【最短で明日から脱毛可能!】商品のお届けが早く、予約や問診も一切不要で、自宅ですぐに明日から脱毛が始められます。

・【見られたくない部位も脱毛できる】アンダーヘアの脱毛も、自分の手で出来るので恥ずかしくありません。

・【美顔器としても大人気!】エステ並の本格的「光フェイシャル美容」が自宅で可能。美容液もジェルも一切不要。

早く購入すれば良かった!↓ ↓



 

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ