妊娠中、産後の脇の黒ずみでお悩みの場合の対処法は?~口コミはこちら

脇 黒ずみ 産後,妊娠中

 

『妊娠中、産後の脇の黒ずみでお悩みの場合の対処法は?』(口コミ10件)

↓   ↓
■その1

妊娠中やはホルモンの関係もあり身体にたくさんの変化が現れます。

妊娠中と産後に脇の黒ずみに悩まされる方も少なくありません。

 

妊娠中はどうしてもお腹や胸などの自分で見やすい部分の変化に目が行きがちですが、気が付いたら脇が黒ずんでいた、という経験談を良く聞きます。

一般的には妊娠初期に始まったつわりが落ち着いてきた妊娠中期ごろに「脇が黒ずんでいる!」と気づきショックを受ける方が多いようです。

 

対策としては、残念ながらなるべく黒ずんだ部分に刺激を与えないようにすることぐらいしかありません。ノースリーブの服を着たりして肌が擦れると、余計黒ずんでしまう可能性があるので避けましょう。

 

この黒ずみは乳輪などにも良く起こるのですが、出産した後に自然に薄くなっていきます。特に何もしなくても自然に元の色に戻っていくようです。

妊娠中や産後の脇の黒ずみは、なるべく目立たないように袖のある服を着て刺激を与えずに、出産後まで長い目で見守るようにしましょう。

 

■その2

妊娠を機に脇が黒ずんでしまうことがあります。

脇以外にお腹や乳首なども、紫外線が当たっているわけでもないのに黒ずんでしまいます。

 

それは妊娠によってホルモンバランスが今までと大きく変わったことによる黒ずみなので、出産し授乳が落ち着けば黒ずみも落ち着くといわれているので、その黒ずんだ状態がずっと続くわけではないのですが、それでも夏場などは特に気になるものです。

 

脇の黒ずみ対策としてはよく洗い、黒ずみに有効だと言われているビタミンCが配合されているクリームを刷り込みます。たまにピーリングしてあげるのも良いと思います。

妊娠中は肌が普段よりもデリケートになっていますので、ケア用品も肌に優しいものを選んであげることが大事です。

 

■その3

妊娠中、脇の黒ずみには、結構困りました。

 

脇の黒ずみの原因は過剰すぎな刺激がいけないことは、知識として知ってはいたけど、永久脱毛してない私は、カミソリで剃るしかなかったのです。

そしてたまたま、私は、予定の帝王切開でもあったので、出産後の脇の処理に困り、つい黒ずむのも分かっていながら、脇の毛を全部カミソリと毛抜きで処理してしまいました。

 

食べ物でも少しは改善される(ちなみにビタミンE、C、コラーゲンらしいです)みたいですが、そんなもの待ってられないので結局薬局に行って脇の黒ずみにいいとされるクリ-ムを購入しました。

おかげで、術中も脇をバンザイしないといけないのですが、余りきにならずに済み良かったです。

 

■その4

妊娠中はホルモンバランスが変化し脇や乳首の黒ずみが起こります。

そして妊娠中濃くなることはあっても、薄くなることはなく悩む人も多いかと思います。

 

美白成分を配合した乳液やクリームを塗ったり、黒ずみ専用のクリームやジェルを使ってみてもいいかもしれません。

しかし、黒ずみは妊娠による体の一時的な変化であり、出産を終えてホルモンバランスが元に戻るのと共に、徐々に薄くなります。

 

なので、積極的にケアする必要もありません。妊娠によるものだということを理解し、諦めたほうがいいかもしれません。

産後なかなか戻らない場合でも、育児に追われふと気づくと、黒ずみは薄くなっていると思います。濃いままということはないので、あまり神経質にならないほうがいいかもしれません。

 

■その5

妊娠中はプロゲステロンとエストロゲンの女性ホルモンの分泌が活発になってきます。

これら女性ホルモンの影響で肌は敏感になり,メラニン色素が増えやすくなるため,肌の黒ずみが誘発されてしまいます。

 

この時期の黒ずみは,妊娠によるホルモンの乱れが原因ですので,出産後ホルモンの分泌が正常に戻るとメラニンの生成も抑えられ,肌の黒ずみも徐々に薄くなってきます。

どうしても気になる場合は,赤ちゃんに影響がなく敏感になっている肌にも刺激にならいように,天然成分で添加物フリーのローションやクリームで保湿して下さい。

脇の黒ずみに豆乳ローションは効果あるの?

 

また,出産後早期に改善するためには,新陳代謝を活発にする働きがあるビタミンEを積極的に摂取するとターンオーバーが促され、早期の改善が期待できます。

 

■その6

産後のワキの黒ずみとても気になりますね。私も妊娠後期から黒ずみが目立ち始め産後しばらく消えませんでした。

 

そもそもワキの黒ずみの原因は妊娠中に分泌されるホルモンによりメラニン色素が増えて色素沈着を起こすからです。つまり誰にでも起こりうることで特に異常ではありませんので安心してください。

 

私が対策としてとやったことは大きく2つです。

まず、肌を清潔に健康に保つため、ムダ毛処理は最小限にすることです。カミソリでは肌を傷つけてしまうおそれがあるのでなるべく手入れは間隔をあけて肌へのダメージを避けました。

 

そして次に保湿です。

ビタミンCが効果的と聞いたのでビタミンC配合の市販の安価な化粧水を購入してワキに塗っていました。なんとなくカサカサしていた肌が潤い、キメが整ったおかげで黒ずみが目立たなくなったように思います。

 

あとはこれ以上黒ずみが進行しないように紫外線対策も大切です。ワキは元々あまり人目に触れることはありませんが袖がある服を着るのも対策の一つです。

 

■その7

23歳で出産しました。

マタニティヨガやウォーキングを欠かさず、妊娠線が出来ないように気をつけていたので、産後ワキの黒ずみを発見したときはものすごくショックでした。

 

妊娠線予防にも使っていたバイオイルをワキにも塗り始め、毛抜きを使っていた脱毛も、優しいカミソリに変更しました。

バイオイルを塗るのは1日2回。朝起きてメイクしたあとと、入浴後に「多すぎないか?」というほどたっぷり塗りこんでいました。

 

そして、ネットでビタミンEが効果あると書いていたので、朝イチのコーヒーをほうじ茶に変更してみました。おやつにナッツなども取り入れてみました。

それから半年ほどして、だんだん黒ずみが薄くなりました。ホルモンバランスのおかげなのか、対策のおかげなのかは判然としませんが、少し安心しています。

 

■その8

産後はホルモンバランスの変化により体に変化が現れやすく、その一つが脇の黒ずみです。

 

脇の黒ずみ対策としては、よく洗い患部を清潔にしておくことと、黒ずみに効果があるとされるビタミンCが配合されたクリームを塗布することです。

ネット上の通販サイトなどでは、黒ずみ専用のクリームやジェルなどが売っています。様々なメーカーからか価格や種類も豊富にあるので一度調べてみるとよいでしょう。

 

また、新陳代謝の効果があるとされるビタミンEやコラーゲンなどを日常的に食事で積極的に取り入れたり、サプリメントで補うことが大切です。

一般的には産後のホルモンバランスが整っていくと、次第に色素が薄くなり黒ずみが気にならなくなるといわれています。

 

■その9

もう何年も前ですが、妊娠後期から産後にかけて、わきが真っ黒になってびっくりしたことがあります。

仕事や大きなトラブルがなければ、妊娠中は「ケアしなきゃ」と考える余裕があるものですが、産後はそれどころではない生活。
数か月後、気が付いてみたら、だいぶ薄くなっていました。

産前産後の他のトラブルと同様、時間がたってホルモンバランスが回復してくると、それだけでも改善効果があるようです。

 

ただ、くろずみの消え方には個人差があるようで、ママ友の中には皮膚科で美白用の薬をもらって薄くしていった人もいます。
彼女の場合母乳育児だったので、医師に相談するのが一番だと思ったそうです。

 

一般的にはビタミン類を食事から摂ることや、ストレスを避けたり局所の擦れが少ない木綿の下着に変えたり、といった生活改善も効果があるようです。
食事に関しては、ビタミンEを積極的に摂るのは、改善に効果的とされています。

あと、ボディのくろずみ対策のスキンケアも色々市販されているので、特に粉ミルクの方はそれでケアするのも良いかもしれません。

 

■その10

私は1年前に初めての出産を経験し、妊娠中期位から脇の黒ずみがひどくなり出産後もなかなかなおりませんでした。

 

妊娠中のホルモンバランスの影響で黒ずみができてしまったとおもいます。

脇を見るたびに落胆していたので豆乳イソフラボンの美白の化粧水を毎日脇に塗り、出産半年後位になるとだいぶ目立たなくなってきました。

 

化粧水の効果と子宮が元に戻ってきてホルモンバランスも安定してきた時期だったせいかもしれません。脇の無駄毛の処理もかみそりでしていましたが、さらに黒ずみになると思ったので光脱毛のエステサロンにも通いました。

皮膚の新陳代謝もあげたほうが効果的かもとも思い時間がある時は運動や子供とお散歩をし、たくさん汗をだしたのも効果的だったのかもしれません。

 

 

ワキの黒ずみ対策専用ジェルならピューレパール【自宅で1日2回塗るだけ】

kurozumi20160310

脇の黒ずみ対策で人気なのがHLJのピューレパルです。(2015年モンドセレクション銀賞受賞)

お値段は少し高めですが、エステ級の本格ジェル&1日2回塗るだけということで購入する方が多いです。

 

・黒ずみ専用ジェルで最高級の成分を7つ配合。
(プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルレチン酸2K、米ぬかエキス、トリプルヒアルロン酸、天然ビタミンE,コラーゲン)

・お肌にも優しい無添加、低刺激

・脇だけでなく、ひじ、二の腕、ひざ、ビキニラインなどの黒ずみにも使用可能なのでお得です。

・国内工場で製造しているので安心

・長時間持続するので1日2回塗るだけ

・持ち運びのしやすい大きさの「直径5cm×高さ4cm」コンパクトサイズ。
(美容成分を超高濃度に濃縮しているのでこの大きさで1ヶ月分です。)

エステ級わきの黒ずみ対策ジェル、ピューレパール公式ページはこちら

 

■実際のところピューレパールってどうなの?(口コミ)

・最初はすぐには効果がみられませんでした。しかし、3ヶ月くらい使っていたら、使う前よりも大夫ましになりました!

・使用して3ヶ月目(3個目)で脇の黒ずみが本当に薄くなりました。
 最初は疑っていたので、自分でもビックリです。

・現在2つ目を使用中ですが、なんとなく色素が薄くなってきたかな?という感じがしています。

・アトピー肌ですが、デリケートゾーンにも問題なく使えます。色も少しずつ薄くなってきました。

・私の場合は、脇の黒ずみよりもひざ、ひじの黒ずみへの効果のほうが早かったので驚きです。

・使用2ヶ月目くらいから脇の皮膚がやわらかくなり、赤み、黒ずみがなくなってきました。

・私は敏感肌ですが、使い心地はサラッとしていて刺激もなく安心して使えました。

 

口コミでも、かなり多くの方がその効果を実感しています。

公式ページでも『89.7%の方が高評価』とうたっていますが、実際に口コミをチェックしてみたところ、だいたい8割以上の方は何かしら満足をしている感じです。

 

■ピューレパールで最大限の効果を引き出すには?

・夜にお風呂に入り、毛穴を開かせておいてからピューレパールを塗ると良いです。

・肌のターンオーバーがあるのですぐには効果がでません。毎日塗り続けることで効果が出てきます。
(※肌のターンオーバーは人によってそれぞれ違います。)

・朝は面倒なので塗らないという方もいますが、できれば朝と夜の2回塗りましょう。

 

本気で脇の黒ずみを薄くしたいなら。↓ ↓

エステ級わきの黒ずみ対策ジェル、ピューレパール公式ページはこちら

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ