ミュゼのVライン脱毛は生理だと施術出来ないの?~口コミはこちら

ミュゼ Vライン 生理

『ミュゼのVライン脱毛は生理だと施術出来ないの?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

ミュゼでVライン脱毛をしているときに運悪く施術予約をした日に生理が重なってしまうことがあるかもしれません。一旦生理が始まってしまうと残念ながらお手入れは中止となります。

たとえ生理終わりかけの状況だとしても施術を断られる可能性が高いようです。

 

もともと生理期間中はホルモンの影響もあり、お肌が敏感になっている時期なので皮膚トラブルを避けるためにも施術をしないというのが鉄則になっているようです。

さらにデリケートゾーンという場所的にも生理があるときには衛星面でも脱毛施術を行わないのが通常です。たまにタンポンを入れていれば施術が受けられるのかと思う人もいるようですが、タンポンでも施術は受けられないのは一緒です。

 

■その2

ミュゼに一年程、通っています。

ヒザ下とVラインの施術で通っています。Vラインは、生理だと施術は無理です。

 

施術前に、スタッフさんからも、「生理中では無いですか?」と確認もされます。紙のショーツ(Tバックみたいな形です。)に入店したら、履き替えないと行けないですので、実際は厳しいです。

シーツが汚れたり、スタッフさんもいくら女性同士と言っても、不快だと思いますし、衛生的にも良くないですもんね。生理中のホルモン的にも、施術後のお肌に影響が出ても困るのでと言う事でもあります。

 

私の契約上では、もしVラインの施術が当日出来ないとなれば、次回以降に回せるので、無理な日は損すると言う事はありません。

ご参考にして下さい。

 

■その3

生理中は、Vラインに限らず、肌が敏感な為か、なるべく施術はしない方が良いようです。

また、Vラインを施術する時には、指定の紙ショーツに履き替えますので、ナプキンの使用は不可能ですし、施術する際にはタンポンでも、ヒモが見えてしまうかもしれません。何より、生理中の臭いが気になりますよね。

 

いくらスタッフにでも、少し恥ずかしい気がしてしまいます。

とはいえ、せっかくとれた予約だったり、予期せぬ生理不順などで、どうしても施術をお願いしたいとなれば、スタッフに相談してみるのも、ありだと思います。

お客様の大事なお肌を扱うわけですから、慎重に対応してくれると思います。

 

その時の生理の状態で、あまり重くなく、量も少ないとか、終わりの頃だったりしたら、不可能ではないと思います。ただ、やはり敏感な状態であることを自覚して、本人の意思でやるべきであって、何かあった場合でも、責めたりするべきではないはずです。

関連⇒ミュゼのVライン脱毛の範囲は?どこまで脱毛してくれるの?

 

■その4

急に生理になってしまってもミュゼではVライン脱毛の施術はできます。

事前に連絡しておくか、お店で生理と伝えると普段の使い捨てパンツではなく生理用のナプキン付きの使い捨てパンツを用意してくれるので大丈夫です。
ただし、他のIラインOラインなどの施術はできません。Vラインのみです。

 

生理前、生理中ですと肌が敏感になっていて剃毛する時に傷つけてしまったりじんましんになってしまったりするので前日までに連絡しましょう。
生理のみ当日の午前中の電話連絡すれば契約回数が減らないので急に来てしまった時も安心です。

 

大量に出血される方や施術部位が多い人はタンポンを使用した方がいいかもしれません。
あくまで、生理でもVラインの施術はできますが契約にもあったように具合の悪い時の施術はやめたほうがいいと思います。

 

ミュゼの脱毛キャンペーンはこちら↓ ↓

ミュゼプラチナム
100円

ミュゼでは、安心して通えるよう回数・期間無制限のコースを用意しています。

また、全国に195店舗もあるので、予約がとれない場合は別の店舗に行くのもアリです。

脱毛方法は、お肌にやさしく、痛みがほとんどない「S.S.C.方式」を採用しているので安心です。(一瞬軽い痛みを感じる程度。)

また、トリートメントには独自開発のプラセンタエキス配合のミルクローションを使用しているので美肌効果も期待できます♪


⇒ミュゼプラチナム公式ページはこちら

 

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ