ミュゼのVライン脱毛で自己処理はどうすればいい?~口コミはこちら

ミュゼ Vライン 自己処理

 

『ミュゼのVライン脱毛で自己処理はどうすればいい?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

他の箇所で脱毛プランをミュゼで申し込んでいる場合は、その時に「次回Vを考えているがどうすれば良いか」という風に聞いてみるのが良いと思います。

なぜかというと事前の事故処理が必要となっていて、Vのラインに合わせた三角のシートがもらえます。それに合わせてシェーバーなどで自己処理します。

 

もしVラインのみで契約をする場合は、事前に電話などで訪ねて、店舗でシートを施術の前に受け取って事故処理するなどが必要かと思われます。

私自身は確認していませんが、どうしても当日やりたい場合は、自己処理を有料か無料かでしてくれる場合もあると思います。

 

Vラインの自己処理はなかなか難しいですが、初めに毛並みに沿ってシェーバーを動かし、ある程度短くなって毛の抵抗がなくなったら毛の生え方向とは逆にシェーバーを動かして処理をすると、肌が傷つきにくいと聞きました。

 

■その2

ミュゼに通っているものです。一年が経ちました。

ミュゼのVラインの施術に当たり、必ず前日の自己処理を求められます。

 

Vライン契約時に、前日、ここまでを自分で剃って来て下さいと言う、透明の扇形のプレートを、ミュゼのスタッフさんから配られます。

プレートの真ん中に、線が引いてあり、そこをおへそ辺りに当てて、左右均等の場所を決めます。そして、扇形に型取られているので、その外側を自分で、シェービングして、当日施術に向かいます。

紛失する事も考えて、二枚プレートが配られました。

 

若干の剃り残しは、スタッフさんが、ミュゼオリジナルのシェイバーで綺麗にしてくれるのですが、基本、自己処理は必須です。

自己処理出来て無い場合は、当日、施術が受けれません。(時間短縮の為、ミュゼは厳しくなりました。)

ご参考にして下さいませ。

 

■その3

ミュゼでは施術前日もしくは当日に自己処理をする必要があり、自己処理を行っていなければ当日の施術が行えない場合があります。

そこで気になるのがVラインの自己処理方法ですね。

 

まずミュゼでは申し込み日にVライン用のプレートを配布されます。
プレートは10センチほどの大きさになっており、デリケートゾーンに合わせた状態でプレートから外れた部分を処理する事になります。

 

処理をする際にはカミソリではなく電動シェーバーが推奨されています。

シェーバーを選ぶ際には身体用ではなく顔用の方が歯が当たる面積が狭く、程よい大きさという事で重宝されています。またシェーバーの前に事前で眉カットハサミなどである程度毛を短くカットしたほうがスムーズに処理が出来きます。

これらを準備しましたら鏡で確認をしながらゆっくりと時間を掛けて行いましょう。処理が終わればしっかりと保湿を行いましょう。

 

■その4

ミュゼでVラインの脱毛施術を受ける前には、施術箇所を自分でシェービングして行かなければなりません。

あらかじめカウンセリング時に手渡されているVラインプレートを当てて、そこからはみでている箇所をすべて剃って行くことになります。

 

このときの自己処理は慎重に行わないと肌を傷つけてしまう可能性があるので、ゆっくりと丁寧に行いましょう。

まずムダ毛が長い場合にはいきなり剃るよりも、ハサミであらかじめ短く切ってから次に剃るという方が安全です。石鹸などの泡をつけてカミソリで皮膚を傷つけないようにしながら表面に出ているムダ毛をすべて剃りましょう。

ミュゼの施術時にムダ毛が生えていると別料金がかかってしまうので、自宅でしっかりお手入れをしておきましょう。

関連⇒ミュゼのVライン脱毛の範囲は?どこまで脱毛してくれるの?

 

ミュゼの脱毛キャンペーンはこちら↓ ↓

ミュゼプラチナム
100円

ミュゼでは、安心して通えるよう回数・期間無制限のコースを用意しています。

また、全国に195店舗もあるので、予約がとれない場合は別の店舗に行くのもアリです。

脱毛方法は、お肌にやさしく、痛みがほとんどない「S.S.C.方式」を採用しているので安心です。(一瞬軽い痛みを感じる程度。)

また、トリートメントには独自開発のプラセンタエキス配合のミルクローションを使用しているので美肌効果も期待できます♪


⇒ミュゼプラチナム公式ページはこちら

 

 


脱毛エステで煩わしい自己処理からサヨナラ!
脱毛エステの人気ランキングはこちら

評判の良い医療レーザー脱毛クリニックは?
医療レーザー脱毛の人気ランキングはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ